ひと

阿部寛の演技は下手すぎた!いつから上手くなった?現在では演技派俳優!

阿部寛さん、「演技派俳優」としてドラマや舞台、映画などで大活躍です。

 

阿部寛さん、現在では日本を代表する「演技派俳優」さんですが、以前は演技が下手すぎた!時代もありました。

そんな阿部寛さん…演技はいつから上手くなったのでしょう?

阿部寛の演技は下手すぎた!

阿部寛さんのデビューは雑誌のモデルでした。

『MEN’SNONNO』1

阿部寛の若い頃がイケメンすぎる!人気モデル時代と現在の画像を比較

その後、阿部寛さんは1987年、映画『はいからさんが通る』伊集院忍役で俳優デビュー。

映画『ハイカラさんが通る』Twitterより

阿部寛さん演じる伊集院忍は、ドイツ人母と日本人父を持つハーフの陸軍歩兵少尉。

阿部寛さんは人気モデルで、189センチという高身長、彫の深い濃いお顔で、ハーフ設定の少尉役は適役!と思われたのですが…

阿部寛さんの映画『はいからさんが通る』での演技は、棒読み俳優下手すぎて伝説になるほどとも言われています。

阿部寛・映画『はいからさんが通る』Twitterより

 

阿部寛さん自身は当時のことを振り返り、

下積みもないから、芝居とかそういうの分からない

(俳優の世界へ)入ってはみたけど、どうなっていくんだろう

…と感じながら、演技をしていたとのちに語っています。

阿部寛さん、高身長でイケメンすぎて、演技に慣れていないことが余計に目立ってしまったのかもしれません。

阿部寛の演技はいつから上手くなった?

では、阿部寛さんの演技はいつから上手くなったのでしょう?

阿部寛さんの転機は何だったのでしょうか?

阿部寛さんの俳優としての転機は、

1993年 8月

つかこうへい作・演出の舞台

『熱海殺人事件~モンテカルロ・イリュージョン~』

だといわれています。

阿部寛さん演じる主人公は、木村伝兵衛刑事部長【バイセクシャルの棒高跳び選手だった敏腕刑事】という難しい役。

作者で演出のつかこうへいさんは、それまでの阿部寛=カリスマモデルというイメージを壊すことに成功した…

こうして「俳優」阿部寛が生まれた…と言われています。

阿部寛、現在では演技派俳優

阿部寛さんその後も、舞台・映画・ドラマなどでいろいろな役を演じ、現在では演技派俳優と言われます。

演技派俳優・阿部寛さん、活躍の一部を紹介します。

阿部寛さん、演技派俳優、そして個性派俳優としての実績を積み上げてきて、ますます存在感が大きくなっていますね。

阿部寛の演技は下手すぎた!いつから上手くなった?現在では演技派俳優~まとめ~

若い頃

阿部寛の演技は下手すぎて伝説とも言われる

阿部寛は棒読み俳優からスタート

つかこうへい氏との出会い

舞台『熱海殺人事件~モンテカルロ・イリュージョン~』にて

カリスマモデルのイメージを壊して個性派俳優へ脱皮

現在

演技派俳優として円熟味を増している

阿部寛さん、次はどんな個性的な役を見せてくれるのか、楽しみです。

阿部寛さんについては、こちらも

阿部寛の演技が上手い!ハマリ役と言われる3作品の画像とネットの声まとめ阿部寛さんと言えば、日本を代表する演技派俳優・個性派俳優ですね。 阿部寛さん、演技が上手いので、これまでに数々の「ハマリ役...
阿部寛の若い頃がイケメンすぎる!人気モデル時代と現在の画像を比較ドラマや舞台、映画などで活躍中の阿部寛さん、個性的な役を熱演する俳優さんとしてお馴染みですね。 阿部寛さんの若い頃は、人気...
阿部寛はハーフじゃない!昔からソース顔?これまでの外国人役の作品を調査ドラマや舞台・映画などで活躍の阿部寛さん(56歳)… 阿部寛さんは「ハーフ?」と話題になることがあります。 阿部寛さんは...

ABOUT ME
ナターラ
NATALOG=ナタログへようこそ